英語が世界共通言語として話される理由

世界共通言語と聞いて多くの方が最初に浮かべるのが「英語」だと思います。では、なぜ英語が世界共通言語として多くの国や地域で話されているのでしょうか。

英語の歴史的背景

英語が世界共通言語として認識されている理由には、歴史的背景が関係していると言われています。現在でも英語が公用語とされているイギリス・アメリカは、かつてアジアの一部の地域を除き、多くの国を植民地としていました。植民地になった国では、イギリス・アメリカの公用語である英語を、共通語として話さなければなりませんでした。こうした背景から植民地ではなくなった現在でも、英語を使用している国が多いのです。

英語の話しやすさ

歴史的背景だけでなく、英語の話しやすさも関係しているとも言われています。ヨーロッパには英語だけでなくフランス語やドイツ語などがありますが、これらの言語には格変化や、性別などが関係する複雑な文法要素があります。しかし、英語にはこうした複雑な文法表現は少ないです。
また、使用する文字もアルファベット26文字と少なく、他の言語より習得するのが比較的簡単であることも、多くの国で話されるようになった理由のひとつでしょう。

インターネットの開発

グローバル化が進む現代ではインターネットの普及も、英語が世界の多くの国で話される理由のひとつだと考えられています。
革命的な発明として、瞬く間に世界中に普及したインターネットは、アメリカが中心になって発明されました。そのため、インターネット用語の多くが英語であり、プログラミング言語は英語に近い言語で構成されています。こうしたインターネットが世界中で使われることで、英語を第2言語として習得する国が増えたとも言われています。

昔は英語で会話が出来れば就職で十分有利でしたが、今はメールでやりとりするため作文(ライティング)能力も必須となってきました。会話だけでなく英語を書くことに慣れ、四技能(聞く、話す、読む、書く)をバランスよく身に付けることも、これからはより必要です。

横須賀市にあるスマイル・エデュケーションでは、幼児小学生中学生向けにフォニックスなどを使った英会話の授業を行っております。
子供の頃から世界共通言語である英語に触れることで、お子様の将来の可能性を広げることが出来ます。また、英会話だけでなく国語・算数(数学)・理科・社会の4教科の授業も行っておりますので、横須賀市でお子様が通える英会話教室・学習塾をお探しでしたら、スマイル・エデュケーションをご利用下さい。