日本人にとって英語が難しい理由

世界の共通語となりつつある英語ですが、日本人にとって英語を覚えるのは難しいと言われています。こちらでは、なぜ日本人は英語を覚えるのが難しいかについてご紹介します。

英語を使う機会が少ない

日本で生活をしていると、特別な事情がない限り英語を話す機会はほとんどありません。そのため、十分な英語の知識があったとしても英語が話せるとは限らないのです。繰り返し練習することで様々なことが身につくように、英語も繰り返しゲームや歌などで使わなければ身につきません。英語を得意にするためには、繰り返し英語に触れることが大切です。

単語の順番が日本語と異なる

英語と日本語では単語の順番が違います。英語では主語の後に動詞が来ますが、日本語では最後にきます。単語の順番が違うとなんだか難しいと感じますが、英語を普段から使ったり、英語教室などで正しい英語を繰り返し聞くことで自然と慣れていきます。小さい頃から英語に親しみを持つことで、苦手意識もなくなるでしょう。

和製英語が多く、英語と混同してしまう

日本には和製英語が数多く存在します。和製英語は、日本で作られた日本独特の言葉です。そのため、海外で使用しても通じません。和製英語には、ナイター、コンセント、パソコン、チャック、バイキング、オーダーメイドなど、日常でよく使っている単語が挙げられます。和製英語の中には、通じないだけでなく違う意味で伝わってしまう言葉もあります。外国人と会話をして初めて和製英語だったと気づくことも珍しくないようです。

横須賀市で英語教室をお探しの方は、スマイル・エデュケーションを是非ご利用下さい。スマイル・エデュケーションでは、赤ちゃんから通える幼児クラス、フォニックス(音)や文字の基本を学ぶ小学生クラス、受験やTOEICなどの対策を行なう中学生クラスなど様々なクラスをご用意しています。子供の気持ちに寄り添った教育を行っていますので、子供に英語を学んで欲しいと思っている方は、気軽にお問い合わせ下さい。