小さいうちから始める英語の魅力

グローバル化が進み、日常的に英語を話す機会も増えています。英語は小さいうちから慣れ親しむことで様々なメリットを得られます。

脳と英語の関係

人が英語を話す際に使われる脳の回路は、日本語を話すときの回路とは別のものを使って話すといわれています。この英語に使われる回路は、脳が柔軟かつ活発な子どもの頃に英語に触れることで作られます。回路の形成には映像や音声も必要ですが、人が直接話しかけることが何よりも重要です。日頃から正しい発音で子どもの柔軟な脳を刺激し、英語を理解する回路を完成させることが出来ます。

発音が上達しやすい時期

世界には様々な言語がありますが、それぞれの言語には特有の周波数があります。日本語の周波数がおよそ100Hz~1500Hzなのに対して、英語は2000Hz~12000Hzという高い周波数です。低周波の日本語に慣れると高周波の英語を聞き取るのが難しく、聴覚が完成された状態の大人は聞き取りに多くの時間が必要になります。子どもの頃は聴覚が特に優れているため、低周波のみならず、高周波の領域にも対応する耳を作り上げることが出来るのです。

楽しく学べる

子どもは好奇心が旺盛なので、様々なものに興味や関心を抱きます。子どもは、どの子も天才です。英語が勉強になる前に遊び感覚で英語に触れることで、英語に対する良いイメージを持ったまま学ぶことが出来ます。お教室や学習塾などで親子一緒に学べば、より一層英語を楽しいものと認識することも可能です。
さらに、家庭でのちょっとした会話を英語で話してみるなど、学んだことを日常生活に活かすことで、さらに英語が楽しく身につきます。

横須賀市にあるスマイル・エデュケーションでは、子どもの自立した学習力を身につくようサポートする学習塾です。幼児や小学生中学生だけでなく、保護者も一緒に英語を楽しく学べる様々なクラスをご用意しております。英語だけでなく、国語算数数学)・理科・社会の4教科を学べるクラスもございます。スマイル・エデュケーションで子どもの自立した学習力を育ててみませんか。